乾燥肌のスキンケア、一番大切なのは「保湿」です。

乾燥肌のスキンケアで、一番大切なのは「保湿」(乾燥しすぎないよう一定の湿潤を保つこと)です。肌の表面がパラパラとめくれ、白い粉をふいたような状態になってしまう「乾燥肌」。そんな肌荒れがすすんで「皮膚がボロボロしてきたんです」と表現される方もいらっしゃいます。まずは、しっかりたっぷり「保湿」しましょう。

乾燥肌に気づいたら、何より大切なお手入れは「保湿」です。

保湿は、「水分を補う」「水分を保つ」「油分を補う」

お肌がボロボロしてしまう乾燥肌は「水分」そのものが足りないだけでなく、補った水分を保つ力「保水力」も足りないので、お肌から水分が逃げている状態です。

健康な肌は、お肌の水分を逃がさないよう、皮脂膜が肌を守っています。ですが、皮脂の「落としすぎ」、肌の力が弱く皮脂成分の「分泌不足」、それでいて「油分の補い不足」、「肌に合ってない油分」を使っている、などで乾燥している肌は、水分を補ってもそれを守ることができなくなっています。

お手入れは、まず化粧水で「水分を補い」「保持」します。

次に補った水分を、更にしっかりと閉じ込める働き「油分」が必要です。化粧水の後、クリームなどで、不足している油分をしっかり補い、それとともに肌水分が蒸発するのを防ぎます。

スキンケアはしているのに、なぜ乾燥がすすむの?

乾燥肌でなくても「保湿」はスキンケアで一番大切なお手入れ。スキンケアの基本です。だから、乾燥肌なのに「今まで保湿ケアをほとんどしていませんでした」という人は、少ないです。「乾燥肌を改善したいと思って、一所懸命スキンケアしていたのに…、ちっとも良くならない」。それはなぜでしょう。

その保湿成分「保水力」は十分ですか、「高濃度」に配合されていますか。

「保湿ケア」していても「保湿」できてない。それは、「保水力」の高い成分を十分な量補えてないのかもしれません。

保水力の高い美容成分としてよく知られているのは、ヒアルロン酸でしょう。最近話題の「プロテオグリカン」も、長時間肌をうるおす力が強い美容成分です。プロテオグリカンやヒアルロン酸のように「水分を保つ力の強い保湿成分」が「高濃度」に配合されていると、補給した水分を抱え込み、保湿成分がお肌表面にしっかり留まって、肌の水分を保ってくれます。

乾燥肌の保湿ケアには、保水力の高い美容成分が「高濃度」に配合されているものを選びたいですね。もし今お使いの化粧水の保湿成分が保湿力の弱いものだったり、保水力の強い成分が入っていても濃度が低い場合は、化粧水の後に、保水力をカバーする保湿美容液が必要でしょう。

乾燥肌には、“高濃度”保湿で、肌本来の力を高める。

今は様々なスキンケア商品があります。キレイな肌になりたくて、色いろ試してみたくなるかもしれません。

でも乾燥肌は、肌のバリアー機能が壊れている状態ですから、少しの刺激にも弱いのです。たくさんの商品を使うと、中には肌に合わないものにあたって、肌が赤くヒリヒリしてきたり、更に乾燥が進んだりと、様々な肌トラブルの元になることもあります。

乾燥肌のスキンケアは、まずは保湿に重点を置く「シンプルなお手入れ」を。

保水力の高い美容成分が「高濃度」に配合されているものなら、化粧水とクリームというシンプルなお手入れでもしっかり保湿できます。高濃度保湿で、肌本来の力を高め、今より若肌めざしましょう。

>40代からの化粧水

40代からの化粧水

乾燥、しわで悩みを抱えている全ての女性のためにの化粧水を作りました。 まずはお試しから手にとってその感触を体感してください。

CTR IMG