界面活性剤はお肌に悪いものだと考えている女性は多いです。しかし『界面活性剤=悪いもの』と考えてしまうのは間違っています。界面活性剤の中にも毒性の強いもの・弱いものが存在するからです。

界面活性剤についての正しい知識を知り、界面活性剤との上手な付き合い方を解説していきます。界面活性剤の正しい知識を知って、キレイなお肌の維持につなげてください。

界面活性剤って何?

界面活性剤について「花王」のホームページには以下のように説明されています。

界面活性剤は、界面(物質の境の面)に作用して、性質を変化させる物質の総称です。構造としては、1つの分子の中に、水になじみやすい「親水性」と、油になじみやすい「親油性」の2つの部分を持っています。この構造が、本来、水と油のように混じり合わないものを、混ぜ合わせるのに役に立ち、汚れを落とす洗浄の働きをするのです。代表的なものに石鹸(脂肪酸塩)があります。また、洗剤の他にも、医薬品、化粧品、食品などの成分としても広く使われています。

引用元:花王

簡単に表現してしまうと、界面活性剤は『水と油を混ぜ合わせることができる物質』ということです。つまり、水と油を混ぜわせる力(性質)さえあれば『界面活性剤』と呼ぶことができます。なので『すべての界面活性剤が悪いもの』とは一概に言えません。

日常生活の中にも界面活性剤が含まれているものはたくさん存在します。なかでも卵黄に含まれる『レシチン』は、最も身近で安全な化学物質の1つです。このように界面活性剤にいろんな種類があるので『界面活性剤=悪いもの』と考えるこが間違った認識であることをご理解ください。

 

■生活の中にある界面活性剤

  • シャンプー
  • トリートメント
  • リンス
  • 化粧水
  • 乳液
  • 口紅
  • 石鹸
  • 殺菌剤
  • 芳香剤
  • 消臭剤
  • 柔軟剤
  • 漂白剤
  • 卵黄(卵)
  • 牛乳
  • コーヒー
  • マヨネーズ

 

なぜ、化粧品に界面活性剤が使われているの?

化粧品と一言に言っても、その役割は様々です。

  • 化粧水・乳液・美容液なら、肌に浸透してはりや潤いをたもつこと
  • ファンデーション・口紅・マスカラなどは、滑らかな伸び。良い状態をキープできること
  • 洗顔料・クレンジングオイルなら、化粧品や皮脂汚れをきれいに落とすこと

化粧品はこれら役割を果たすため水性や油性の材料がたくさん使われます。そして、水性や油性の材料を混ぜ合わせるためには、界面活性剤が必ず必要です。そのため、化粧品には界面活性剤が使われています。

逆を言えば、化粧品とうものは水と油を混ぜれなければ作り上げることができません。なので「界面活性剤不使用」という化粧品はほぼ存在しないと思ってください。

 

化粧品に含まれる界面活性剤について

化粧品は簡単に表現すると『水分と油分を界面活性剤で混ぜ合わせたもの』です。そして、化粧品に含まれる界面活性剤の種類は、何千種類も存在します。

何千もの界面活性剤の役割は、様々な役割によって使い分けられています。1つ身近な例として、洗顔料に含まれる界面活性剤の役割をご紹介します。

 

■洗顔料に含まれる界面活性剤の役割

1:泡立ちの良さを作る
2:油汚れを落とす

 

1:泡立ちの良さを作る

泡立ちの良さは洗顔料やシャンプーなど、汚れを落とす化粧品に求められる性質の1つです。界面活性剤を利用して水の表面張力を弱めることで泡立ちが良くなります。反対に界面活性剤を利用していないと泡立ちが悪くなります。

「泡立ちの良さ」という役割から考えると、石鹸・洗顔料・シャンプーなどは界面活性剤の濃度が濃い傾向にあるといえます。

 

2:油汚れを落とす

界面活性剤は、水分と油分を混ぜ合わせます。水分と油分が混ざると一般的に液体が白濁(白くにごる)する為、水分と油分が混ざることを「乳化」と言います。

乳化作用を利用することで油汚れを落とすことが出来るため、多くが化粧品でも界面活性剤が利用されています。洗顔料やクレンジングオイルはその代表的な例です。

ただし『界面活性剤=洗剤』とは勘違いしないでください。界面活性剤から得られる乳化作用に洗浄能力があるだけです。反対に乳化作用をほとんど持たない界面活性剤もたくさんあります。洗浄能力はあくまでも界面活性剤の効果の一つです。

 

お肌に良い界面活性剤と悪い活性剤

『界面活性剤=悪いもの』ではなく、その種類によって「お肌に良いもの・悪いもの」が分かれてきます。

界面活性剤は「静電気」の観点から4つのタイプに分けることができると言われています。ここでは4つのタイプを元にして、お肌に良い界面活性剤と悪い活性剤について解説していきます。

  1. 陰イオン系
  2. 陽イオン系
  3. 両性イオン系
  4. 非イオン系

 

1.陰イオン系の界面活性剤

石けんやシャンプーなどに利用されている最も身近な界面活性剤です。肌への弱い刺激があるので、長時間触れることは避けてください。

一般的に『界面活性剤=悪いもの』と考えられてしまう原因も、陰イオン系の界面活性剤のイメージが強いためだといえます。例えば、キッチン洗剤に使われている陰イオン系の界面活性剤は、肌への刺激が強いものです。その分、肌荒れにも繋がっていきます。

しかし、洗剤と化粧品に使われている界面活性剤は種類が違います。そのため、基本的には化粧品に入っている界面活性剤が原因で、肌荒れに繋がる心配はありません。

■覚えておいて欲しい陰イオン系成分

  • ラウリル酸Na
  • ラウリル硫酸Na
  • ラウレス硫酸Na

 

2.陽イオン系の界面活性剤

殺菌作用が高く、お肌への刺激が強い界面活性剤です。リンス・トリートメント・柔軟剤などに使用されることが多いです。

衣服などに残留することで肌への刺激につなげるので、敏感肌の場合は使用を避けることが望ましいです。

■覚えておいて欲しい陽イオン系成分

  • 塩化ベンザルコニウム
  • セトリモニウムブロミド
  • ベヘントリモニウムクロリド

 

3.両性イオン系の界面活性剤

ベビー用品などにも使われている安全な界面活性剤です。お肌の刺激や毒性がほぼゼロなので安心して利用できます。

■覚えておいて欲しい両性イオン系成分

  • コカミドプロピルベタイン
  • ラウラミンオキシド
  • 卵黄レシチン

 

4.非イオン系の界面活性剤

一般的な化粧品によく使われているのが、この非イオン系の界面活性剤です。お肌の刺激や毒性をほとんど持たないので安心して利用できます。塗りおきの化粧品やクレンジング乳化剤でよく利用されています。

非イオン系の界面活性剤は「合成成分」なので「悪いもの」と誤解されている人が多いです。しかし実際は安全な成分なので、非イオン系の界面活性剤があることを覚えておいてください。

■覚えておいて欲しい非イオン系成分

  • ポリオキシエチレンアルキルエーテル
  • アルキルグルコシド
  • ステアリン酸グリセリル

 

界面活性剤との上手な付き合い方

『界面活性剤=すべて悪いもの』と決めつけてしまうのではなく、界面活性剤の種類を理解して、自分に肌にあったものを選択すること。これが界面活性剤との上手な付き合い方です。

一般的なイメージほど「界面活性剤」は悪いものではありません。

自分がお肌の健康のために気をつけることは、陰イオン系や陽イオン系の界面活性剤が含まれているものをなるべく避けることです。特に肌荒れがひどくて炎症が出ている場合などは、使用を避けるようにしてください。

シャンプーやボディソープなども、陰イオン系の界面活性剤が含まれているものが多いので敏感肌・乾燥肌の場合は注意が必要です。

シャンプーやボディーソープからの刺激が気になる場合は、陰イオン系の成分(ラウリル酸Naなど)が含まれていないものを見つけて、使用するようにしてください。

反対に、洗顔料・クレンジングなどには、ある程度刺激のある界面活性剤が利用されています。そのため、少なからず刺激があるので、自分に合った化粧品を見つけることも1つ大事なポイントです。

■自分に合った化粧品を見つけ方

  • 口コミサイトの評判
  • 信頼できる人の紹介
  • 成分を覚えて自分で見つける
  • 実際に試してみる

 

まとめ

化粧品に利用される界面活性剤についての正しい知識と上手な付き合い方を解説してきました。覚えて欲しいポイントは次の通りです。

  • 界面活性剤にも「良いもの」と「悪いもの」があること
  • 4つのタイプの界面活性剤があること
  • できれば「悪い成分」を覚えておくこと
  • 「悪い成分」を覚えた上で自分にあった化粧品を見つけること

正しく付き合えば、界面活性剤を怖がる必要はありません。むしろ、化粧品には欠かせない成分なので避けることが難しいです。

界面活性剤についての正しい知識を知り上手に使用していくことが、キレイなお肌を保つことにも繋がっていきます。今回ご紹介した内容を参考に化粧品を選択し、キレイなお肌を手に入れてください。